<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

簡単なめまいの対処法

めまいが起きたら、
まずは安静にするのが第一です。


めまいが起きた場合の基本的な対処法

楽な姿勢になり、じっとする
●めまい止めを飲む
●部屋を暗くする
●頭を動かさない
●静かな場所へ移動する
●おう吐に備える


外でめまい起きた場合、
歩行中はその場でしゃがみこみましょう。
運転中の場合はすぐさまの方に止めて休み、
電車の中で起きたら次の駅で一旦降りましょう。

とにかく無理は禁物です!
めまいを感じたら休みましょう。


めまいをなるべく起こさないような
生活習慣を送ることも大切です。


ゆっくり時間をかけて立つ
●食事は規則正しく、バランスよく摂る
●飲酒や喫煙を控える
●コーヒーの飲み過ぎに注意
 (睡眠の質を下げることにつながるため)
●睡眠を十分にとる
●ストレスを溜めないように心がける
●ぬるめの湯で半身浴を心がけ、長風呂は避ける


他にも、めまいに良いとされている
ウォーキング
を行ったり、
足の裏の真ん中あたりの
少しくぼんでいるところにある、
自律神経と整えるツボ
一日何度か押してみるのもいいですよ。


めまいは頭痛・腹痛などと並び
最も多い症状の1つです。
めまいの発作が起こっている時には、
本人だけでなく、
ご家族の方も不安に感じることでしょう。


しかし、不安な気持ちは
めまいをさらに悪化させる悪循環
となります。
めまいが起こったら、
慌てず落ち着いて安静を保つことが1番です。


耳が詰まった感じ耳鳴り聞こえが悪いなどの
めまい発作の前兆と思われる症状があるときは、
自分に気をつけるだけでなく、
ご家族にも話しておきましょう。


日常生活も見直しながら、めまいと上手く付き合ってください。
[PR]
by bita3fb7 | 2014-02-06 11:29

めまいって何科?病院の選び方

めまいが週に2回以上の場合は
医療機関へ行きましょう。

慢性的だからと思って放っておくと
危険な場合もあります。


【クラクラタイプのめまいの方】
 内科または循環器科

【フワフワタイプのめまいの方】
 神経内科

【ぐるぐるタイプのめまいの方】
 耳鼻咽喉科または神経内科


プラプラタイプの方は血圧の変動に関係する
全身性の病気が原因の場合が多いので、
内科や循環器科をおすすめします。


ふわふわタイプの方は、
自律神経失調症や貧血、
脳出血や脳腫瘍などの病気が潜んでいる場合がある
ので、
神経内科がいいと思います。
ですが、疲労・ストレス・眼精疲労・高血圧
うつ病・更年期障害
など、
原因を特定するのが難しいめまいですので、
いろいろな病院を巡られることをおすすめします。


ぐるぐるタイプの方は、
メニエール病・良性発作頭位めまい症などの
耳の病気が原因
の場合が多いので、
耳鼻咽喉科をおすすめします。
ですが、まれに脳出血や脳幹出血、
脳梗塞など脳に異常がある場合もあるので、
神経内科の方も受診されることをおすすめします。


他にも、症状に応じた実用化を選んで
受診して下さいね。


治療が必要なめまい

1.顔面半分や体半分側にしびれがある、
 ろれつが回らないなどを伴う

2.足元がグラグラしたり、歩行が困難を伴う

3.浮動性や動揺性のめまい、
 または目の前が真っ暗になる症状がみられる

4.めまいの他に、難聴や耳鳴りを伴う

5.片側の耳鳴り・難聴が徐々に悪化し、
 ふらつき・頭痛・顔が曲がったりする


1の場合は、
主に脳の障害がひき起こされている可能性があります。

2の場合は、小脳や大脳の異常から生じるもので、
脳梗塞や脳出血などの
脳の病気の原因
として考えられ、
激しい目眩頭痛を引き起こすのが特徴です。

3の場合は、
膜下出血の恐れなどがある危険なものです。

4の場合は突発性難聴やメニエール症候群などの、
内耳に原因がある「感音性難聴」の疑いがあります。

5の場合は聴神経腫瘍の疑いがあります。


つい自己判断してしまいがちな
身近な症状のめまい。
極端に怖がる必要は無いですが、
発作が続くようであれば一度受診を。


[PR]
by bita3fb7 | 2014-02-05 10:59

めまいの原因と症状の解説

めまいを引き起こす主な原因


不規則な生活
(貧血・血圧・水分不足・疲労やストレス)
三半規管の異常
(炎症・リンパの循環不全・乗り物酔い)

 この2つが要因とされています。


めまいの主に3つに症状

●ぐるぐる目が回る「回転性めまい」
目の前がぐるぐる回り、
ひどい時にはおう吐も伴うめまいです。

耳の奥にある内耳のトラブルが原因で、
例えばヘッドフォンなので大音響の音楽を
聴き続けることで生じる
騒音性難聴
内耳の異常に結びつくそうです。


●フワフワふらつく「浮動性めまい」

船の上や雲の上でも歩いているような、
そんな感じがするめまいのことを言います。
疲れや睡眠不足、ストレスなどによる自津神経の乱れが原因のようです。


●ふらっとする「立ちくらみのようなめまい」
立ち上がったときに急にふらっとしたり、
血がスーっとする引くような感覚がするめまいのことを言います。

貧血や低血圧、
血液の循環が悪い人に起こりやすいタイプ
で、
日頃から血圧が低めで、
さらに急に立ち上がったリ、
長時間立ち仕事を続けている方などは、
脳に十分な血液が流れづらくなるため、
めまいが起こる頻度が高くなる可能性があるので
気をつけておきたいですね。


めまいの原因で多い病気は
耳の病気です!


●良性発作性頭位めまい症
●メニエール病
●前庭神経炎
●突発性難聴
●内耳炎や中耳炎

めまいで診察を受ける人の中で、
最も多い病気が
良性発作性頭位めまい症です。


めまいで受診する患者さんの半数が、
この病気と言っても過言ではないそうです。


良性発作性頭位めまい症とは?
寝返りを打った時やベッドから起きたとき、
あるいは上や下を向いた時など、
頭の向きを変えたときに30秒~1分程度起きる
回転性の激しいめまいが起こる病気です。

原因は
耳にある耳石が何かの拍子で剥がれ、
三半規管に入ること
でめまいが起こります。


良性というだけあって、個人差はあるものの、
1週間~1ヶ月ほどで症状は改善し、
放っておいても1ヶ月ぐらいで治るそうです。


ちなみに私もこの病気の経験者ですが、
受診後3日~4日で治りましたよ。


わたしの場合は、
なにかきっかけがあったわけでもなく、
突然めまいに襲われ病院を受診しました。


その時は、耳石を元の位置に戻す理学療法を
5分程度施してもらい、
抗めまい薬を処方されただけで帰されました。


先生いわく、
この病気は顔の向きや体制を変えることで、
自分自身で三半規管に入り込んだ耳石をとることが
可能であり、またそれが治療法
なのだとか。


なので「寝込まずにむしろ動いてください。」
と言われたので、めまいに耐えながらも
顔の向きや体の方向を変えることを
心がけながら過ごしていた覚えがあります。


自分のめまいの原因や症状を見極めて
対処していきましょう。


010.gif
055.gif
053.gif
071.gif
070.gif
063.gif
062.gif
060.gif
067.gif
058.gif
072.gif


[PR]
by bita3fb7 | 2014-02-04 10:59


さまざまなめまいの原因・症状・病状・対処法などを自分の体験談と併せて紹介します。


by bita3fb7

プロフィールを見る

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

めまいの原因と対処法